2月3日(月)節分祭を執り行いました

去る2月3日(火)の夕方から夜にかけて、松帆神社恒例となっております、厄除と開運招福を祈願しての節分祭を執り行いました。

その様子を簡単にですがご紹介させていただきます。

【午後4時】厄祓いトンド(お焚き上げ)開始

古い御札・御守・授与品・正月の注連飾りなどを焚き上げて旧年中のご加護に感謝すると共に、その火にあたる事で今年の厄を祓うべく行うのが厄祓いトンドです。(地域によってはドンド、ドント、左義長など呼び方が異なる場合があります)

この日は午後4時前に「古札神符焼納神事」を神職・神社役員で行いその後火入れを行いました。

松帆神社のトンドは境内に大きな穴を掘って神社の境内の枯れ木枯れ枝も投入して火をたく為、炎が大変大きくなります。

参拝された氏子の皆様はトンドの火にあたって厄除をしながら暖を取られたり、大きな炎にじっと見入られたり、思い思いに過ごしておられました。

 

【午後5時半】巫女さんからの破魔矢授与・甘酒ふるまい開始

そして、夕闇が下り提灯が明るく照らす拝殿前には次々とご参拝の方が増え、午後五時半からは社頭での破魔矢授与と甘酒のふるまいが始まりました。

 

 

 

松帆神社では巫女さんは常駐ではなく、秋の例大祭とこの節分祭に、近くの東浦中の女子生徒さんお二人の方にご奉仕いただいています。

この日も明るい笑顔で参拝された方をお迎えし、破魔矢を授与いただいて社頭を華やかに彩っていただきました。

 

賽銭箱脇で行っている温かい甘酒のふるまいは毎年大好評で、今年も午後8時半の終了を待たずに売り切れてしまいました。この甘酒の味を楽しみに来た…とおっしゃっていただく氏子さんも多く、神職・役員一同励みになりました。

今年の節分祭は天候にも恵まれ、過去最高のご参拝をいただきました。早春の風物詩として、東浦の地に更に定着していくように来年も取り組んで参ります。

2020年02月17日