2月3日(日)松帆神社 節分祭の様子をお届けします

去る2月3日(日)の午後5時半~8時半、恒例の松帆神社 節分祭を執り行いました。

今年はちょうど寒冷前線が通過し、強い風に雨が混じるあいにくの天気となりましたが、松帆神社の節分祭の中でも最も多いレベルのたくさんの皆様のご参拝を賜りました。本当にお参りいただきありがとうございました。

それでは今年の節分祭の様子を写真でご紹介します。

 

夕方 定刻の午後5時半を前に、境内に掘られた大穴の中でとんど焼き(地方により「どんど焼き」「どんと焼き」「左義長」とも言いますが)の火が入り、大きな炎が上がると共にご参拝の方がどんどん増えていきます。

 

とんど焼きの炎にあたって今年の厄祓いと無病息災を祈願しようと、お年寄りから子供さんまで氏子の皆様が大勢 火を囲んでおられました。日常的には滅多に目にしない巨大なとんどの炎は、火の神様(カグヅチ様)の存在を間近に感じさせる程 神秘的でもあります。

 

提灯の灯りがともった拝殿前も、いつもの静けさと打って変わっての賑わい振り。祭りの雰囲気が盛り上がりますね。

 

賽銭箱前では、こちらも節分祭恒例の破魔矢授与と甘酒のふるまいで賑わいました。「松帆神社のふるまいの甘酒が楽しみで来てるのよ」という有難いお声掛けも多数いただきました。

 

今年、破魔矢の授与をご奉仕いただいた巫女さんお二人は、昨年から節分祭・例大祭を経験していただいており、破魔矢をお求めになる方への対応も手慣れたもの。にこやかな笑顔に加えてよく声も出て立派にお務めを果たしていただきました。

やはり、神社に巫女さんがおられると雰囲気が違います。ありがとうございました!お二人には、次は10月の例大祭でご奉仕をいただく予定です。

 

天候のすぐれない中での節分祭となりましたが、大勢の方にご参拝いただき何よりでございました。来年も、より多くの方にお参りいただけるよう神職・役員一同 努力して参ります。

2019年02月08日