「夏越の祭り(夏越大祓)限定御朱印」及び「茅の輪守り」頒布について

明日7月23日より、開催期間を拡大して始まる松帆神社の夏恒例の「夏越の祭り(夏越大祓)」に合わせて、急遽ではありますが特別御朱印を作成し40体限定で頒布する事となりました。

<夏越大祓 特別御朱印>

 

通常は朱色(赤色)の印となるメインの名刀・菊一文字の鍔をかたどった御朱印が、茅の輪の緑色をイメージした特別職となっています。

また上下の紋は、松帆神社の菊一文字の束(つか)の部分に本来の所有者(皇室)を表すものとして彫り込まれている「菊紋」「五三桐紋(中輪に五三桐)」となっています。

左右の文字は、夏の青空をイメージした深い青色とし、涼しげな意匠ともしております。

前述の通り、限定40体初穂料は500円とさせていただきます。

今回は夏越の祭りの期間が8月2日(日)までと長い為、最終日を待たずに頒布終了となる場合もございますので、その際は何卒ご容赦下さいますようお願いいたします。

 

また時を同じくして、茅の輪を模した厄祓い・無病息災・疫病退散の「茅の輪守り」を夏越の祭りの期間限定で頒布させていただきます。

<茅の輪守り>

 

こちらも限定40体初穂料は600円とさせていただきます。

いずれも松帆神社社務所で取り扱っておりますので、社務所までお越し下さい。

2020年07月22日