10月4日松帆神社例大祭奉祝特別御朱印を限定20体頒布いたします

本年令和2年度の松帆神社例大祭は、新型コロナウイルスの影響で規模縮小となった為実施の可否を検討して参りましたが、前述の通り名刀「菊一文字」の一般公開を執り行う事となりましたので、例大祭の特別御朱印を20体限定で頒布いたします。

今回の特別御朱印は、赤地に金文字で描いたものになります。また、通常版の御朱印と異なり、菊一文字の拵(こしらえ)の柄頭(つかがしら)に元の所有者(皇室と想定されます)を表す意味で彫り込まれた「十六菊紋」「五三の桐紋」を上下にあしらったデザインとなっております。

<特別御朱印>

【ご参考】菊一文字の拵の柄頭 ※十六菊紋と五三の桐紋が見えます

 

当日は、宝物殿脇の社務所受付にて書置きの形で頒布しておりますので、ご所望の方は社務所までお越し下さい。

また、10月4日当日は例大祭対応の為、神職が多忙でございますので、新型コロナウイルス退散の祈願を込めたアマビエ様も入った通常版の御朱印も書置き対応となりますので、何卒ご了承下さいますようお願いいたします。

<通常版御朱印>

2020年10月02日